couple1

精力サプリ「ゼファルリン」は副作用がなくて安心

ED治療、精力減退にお悩みの方だと、ED治療薬のバイアグラか精力サプリが有効なんですが、私は両方試した結果精力サプリを服用するようにしてます。特にゼファルリンという商品は優れています。

ED治療薬は即効力とその効果に優れてるんですが、飲み方が結構面倒なんです。

服用する時は空腹時じゃないとダメとか、服用してから効果が出るまで1時間かかったりして飲むタイミングが難しいんです。

せっかく飲んでも、効果が出るまでのタイムラグで女性が冷めてしまったりなんてこともありましたし、持続時間は6時間ぐらいあるんですが、そこまでがんばれる体力がない私にはあまり意味はなく、むしろ持続時間が長い分副作用も長いので逆にこの効果時間の長さが負担になりました。

精力サプリの方は、服用してもすぐ効果は出ないんですが継続して飲むと効果がありました。

服用前はエッチすると一週間ぐらいインターバルがないとMAXのカチカチ状態にならなかったんです。三日ぐらいだと大きくはなるものの自分でも固さが不十分っていうのがわかりましたし、一晩に2回とかは100%無理でした。

10日ぐらい服用を続けてると、三日のインターバルでもまるで一週間ぶりぐらいのカチカチ度だったのと、2回目のエッチが出来たので驚きました。

バイアグラほどの効果はなく3回目は無理でしたが、副作用なしでこれだけ効いてくれれば私には十分だったんです。

体力的にも3回目とか無理ですし、2回目も気持ちよく出来るならそれで十分で、それ以上の効果はあってもなくても関係ないので、私には丁度ピッタリでした。このあたりはその時の状況や個人差もあると思いますが、私は普段常用する分には精力サプリの方が相性が良かったようです。

ゼファルリンの副作用について調べてみました。

参考:俺のゼファルリン|使い方間違えると効果なし、金の無駄w

療養中の方、薬を飲んでる方のゼファルリンの副作用のご注意

念のため記載しておきます。ゼファルリンはサプリメントですので多くのサイトで副作用無しと書かれている事が多いのですが、成分を調査したところ次のような方は気をつけたほうが良いと思います。

△ 配合成分の食物アレルギーなどを持っている方

△ 病気の療養中の方は医師に相談してから飲んだほうが良いです。
喘息、肝硬変、高血圧、ワーファリン・血圧降下薬を服用中の方

× 次の方はゼファルリンを飲まないほうが良いと思います
免疫抑制薬、抗生物質、ステロイドなど医薬品を服用中の方

ゼファルリンにはL-シトルリンなどの成分が配合され、血流を良くしたり心肺機能を元気にする天然成分が配合されているので、こういった療養中の男性は念のため副作用にお気をつけ下さい。

このように健康な人には問題ありませんが、療養中の方は気をつける必要もあるようですね。

couple4

効果的に精力減退から救ってくれる精力サプリメント

現代社会では何かとストレスを受けながら生活をしなければならず、このストレスが原因となって、精力にも大きな影響を及ぼすことが多々あります。

私もそんな悩みを持つ一人で、1年のうち必ず精力減退に悩まされる期間があります。毎年の事ではあるのですが、その度に焦りを感じ、動悸が激しくなり、このまま終わってしまうのかと妙な焦燥感に駆られてしまいます。

精力が減退している状態では、そもそもあまり性欲が湧かず、何とか無理をして射精しても快感を伴わないことが多いです(あくまでも私の場合です)。

しかも量も少なく、濃厚さに欠け、勢いも非常に弱いので、そんな状態を見ていると、なんだか悲しい気持ちになってしまいます。

さて、そんな絶望的な状況において救世主となるのが、精力剤です。薬局やドラッグストア、スーパーマーケットなど身近なところで簡単に手に入るのでありがたい限りです。

また、今ではインターネットが発達し、ネット通販なんかも広まっているので、より手軽になりました。

とまあ、精力剤を手に入れるルートは充実しており、我々のような精力減退に悩む者にとっては本当に良い時代になったものです。

私はネット通販で評判の良いゼファルリンという商品をためしてみることにしました。効果のほどですが、私の場合摂取した翌日にはほぼ毎回朝勃ちが起こります。こ

れは本当にうれしくて、まさに即効性ですよね。そんな朝には、いてもたってもいられなくなり、必ず射精しています。

これまで溜まっていたものが一気に放出され、身も心も軽くなる瞬間です。やはり男は定期的に有意義な射精を行わなければいけないと感じましたし、それを効果的に手助けしてくれるのが精力剤に他なりません。

couple3

加齢による勃起不全とその対策におけるゼファルリン使用

42歳の会社員です。32歳で子供ができてから、妻とはいわゆるセックスレスの状態だったので気づかなかったのですが、40歳の頃に、性行為をする機会があり、ED(勃起不全)を自覚しました。具体的な症状としては、動画などを見ながら自分ひとりで短時間でする分には問題がないのですが、女性を相手にすると勃起状態が続かず、いわゆる中折れ状態になることが増えてきました。

性的興奮がないわけではないのですが、膣への挿入後、数分すると萎えてしまいます。最初は、相手との相性もあるのかなと楽観していましたが、その後、何度か機会がある度に同じようなことが続いたので、情けなくなるやら、悲しくなるやらで対策を取ることにしました。

対策と言っても大したことをしたわけでなく、インターネットで色々と調べ、①ストレスをためない、②一人でする回数を少なくする、③体力をつけるためにウォーキングをする、の3つをメインで実践しただけです。効果的な薬があればと思って調べはしましたが、怪しいものも多そうで、効くものは体に悪そうだったので見送りました。

その代わり精力剤のゼファルリンという商品を取り入れていました。成分や副作用等は事前にチェックして問題ないらしいのですんなり飲むことが出来ました。

ストレスを貯めないと言ってもなかなか実践できないので、実際には、2日に1回ぐらいしていたオナニーを週2回ぐらいにするのと1日1時間から2時間のウォーキングを実践しました。

この効果があったのかどうか、最近では、きちんときちんと発射できるようになっていますが、「中折れすることも多いから気にしないように」と伝え、パートナーもそんなことを気にしないと信じられていることが改善に繋がっている気もします。

私自身は、上記の方法で改善しましたが、正しい治療薬を正しく使えば、安全に性ライフを向上させることができるそうなので、そういうものを使うのも良いかもしれません。

1 2 3 4